1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/29(火)11:52:34 ID:XMu
西武が今年も悲しい現実に直面している。今秋ドラフトで1位の甲子園V腕・今井達也投手(18=作新学院)をはじめ6選手を獲得したが、その一方で“強制退寮問題”が現場、球団関係者の悩みを深刻にしている。

新入団6選手のうち妻帯者である5位・平井克典投手(24=ホンダ鈴鹿)を除く5選手が西武プリンスドームに隣接する若獅子寮に入寮するのだが、12球団の中でも“現存最古”築35年を超える平屋造りの同寮は昨年から満室の飽和状態。
新人5選手分の部屋を空けるために5選手が1月の新人入寮までの退寮を命じられている。

しかし、退寮者の中には昨年オフの佐野、外崎と同様にわずか1年で寮を追い出される2015年のドラフト1位・多和田真三郎投手(23)、同3位の野田昇吾投手(23)らがおり二軍関係者も困り顔。
「大卒、社会人はそれなりの年俸をもらっているとはいえ、たった1年で追い出されるんだったら最初から入寮させないで自活支援をしてやった方がいいのでは」と来年以降も繰り返されていくこの問題に警鐘を鳴らしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000006-tospoweb-base

【満室飽和状態…深刻!西武「強制退寮」問題】の続きを読む